猫とも新聞に紹介されました

暑中お見舞い申し上げます。日射しの強い日和、皆さま、お元気でお過ごしでしすか?
この度、月刊 猫とも新聞の8月号に、紹介されました。
街角のちょっとしたスペースで見れると思います。猫たちとのひととき、共有してみて下さい。

猫アーティスト図鑑 写真作家 柏瀬八峰

Hadano Baroque

戦災に遭っていない丹沢の麓の町は、都市と自然の二つの焦点のまわりを巡ってゆく。

都市に壁があるから、人と人の出逢いが生まれ、壁に花を活けることができます。

ゆけそうでゆけない行き止まりの路地も猫のいる舞台装置に変貌します。

人間の暮らす都市はさまざまな壁が視線をさえぎっています。
戦災に遭っていない秦野の街の路地を散策していると、グルッと回ると同じ場所に戻ってくる、不思議なバロック的空間が現れます。
時の移ろいの中で自然と人工の独特な間合いを示す空間。そして、そこに猫がいれば、まちに暮らす人と人のこころが繋がります。
車の通り抜けない狭い道は猫たちの格好の遊び場です。行けそうで行けない行き止まりの路地も、猫の登場する舞台装置に変貌します。
猫の目線に立ってみると世界の見え方が変わります。また、この世界は人間のためだけにあるのではないと気づかされます。猫たちは人と付かず離れずの微妙な距離感の中で生息しているのです。

今度の震災で人々が知ったのは、小さな命の大切さではないだろうか?
伝えよう、どんな時代にも希望があるということを!

[PR]
トラックバックURL : http://cliche7.exblog.jp/tb/22230234
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by がべ@Aquala at 2011-08-10 17:38 x
すごい(^^)猫ちゃんと共に
ご紹介されるなんて素敵(^^)

ほんまに震災で知ったのは
小さな生き物も人間も
みんなみんな命が大切
当たり前の日常がどれほど有難いかと言う事を
私は思い知りました
希望をひろげていけたら良いなぁ(^^)

Commented by 蓮華 at 2011-08-14 12:45 x
>がべ@Aqualaさん、コメントありがとう!
いつも日本の街角も猫たちがほんわか居れる環境だといいですね。
うちにも姉妹の猫、千佳、沙羅、花がいます。暑き日和、少しでも涼しい所を見つけて、ながーくなってます。人間よりも気候の変化に敏感です。
家を留守にしても、一緒に遊んでいるので、さみしくないみたいです。
ゴキちゃんとの戯れのひとときも愉しいみたい(笑)

Commented by きのこ at 2011-08-20 08:56 x
(^-^)ノ おはようございます。はじめまして。
新聞でご紹介とは素晴らしいことです。
ブログを始める前は苦手だった猫ちゃんですが
色々な猫ちゃんの生きる様子や想いを学び、
勉強になっております。


Commented by 蓮華 at 2011-11-23 22:32 x
>きのこさん、コメントありがとう!
今の日本は都市空間で写真を撮ることに神経を尖らすようになりました。よそよそしい世界に生きる私たち、猫のいる街角とささやかな庭は、平和の象徴です。
自分の家の小さな庭の美しい世界に、心の安らぎを求めてます。
戦時中は花は食べれないから、憲兵が来て止めさせました。
戦争は花を愛でる庶民のささやかな心の和らぎを奪ってゆきます。
幸せの街角に出逢う時、心の窓に光が射し込みます。小さな命の大切さ、伝えてゆきたいですね。

by lotusflower7 | 2011-08-10 16:22 | フォトのせかい | Trackback | Comments(4)

花のまなざしから、こころに響くアートのセカイ、描きます 


by HANA