何処へ

何処へ―


私が名古屋にいた1996年8月に撮影しました。
気象台へゆく道です。
私の写真の出発点であり、終着駅です。

...

ひとはどこからきてどこへゆくのか

道の先がどうなっているんだろう?
人生永遠の問いですね!

すべての人は、人生の旅の目的地を、
未来どんな世界へ行くのか、
きっと知りたいのでしょう!


めくるめく眼差しの交錯する都市に、ただただすきまの場所が増殖してゆく。
空白の中の風景は、どこか今の時代でないような奇妙な感覚をよびさます。
歴史はいったい前に進んでいるのか、後戻りしつつあるのかわからなくなる。
都市の隙間から異空間や廃墟への道が仄かに見え隠れする。
不意に切り取られた窓から、この世界とはちょっとだけ違う世界がふと顔を覗かせる。





[PR]
トラックバックURL : http://cliche7.exblog.jp/tb/22230409
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by あさみ at 2014-03-10 17:40 x
いい写真だなー!!

Commented by 蓮華 at 2014-03-15 12:13 x
>あさみさん、コメントありがとう!

名古屋の

気象台へゆく道です。

ひとはどこからきてどこへゆくのか

永遠の問いですね!

by lotusflower7 | 2014-03-10 16:55 | フォトのせかい | Trackback | Comments(2)

花のまなざしから、こころに響くアートのセカイ、描きます 


by HANA