月今宵

中秋の名月もはや過ぎゆく頃となりました。お元気でお過ごしですか?

月は夜眺めるものなれど、昼下がりの街角のスポットに出現した、花瓶に活けたすすきに掛かる月は、今、何処の空に…

江戸の世に、蕪村は

名月や うさぎの渡る 諏訪の海
月今宵 あるじの翁 舞出でよ

と詠み、月をめぐるポエジーを呼び覚ましました。

月はやはり夜空に眺むる時、いっそう風情がありますが、
都市空間を浮遊する月は、どんな新たなポエジーを生み出すでしょうか?
日々の暮らしの中のちょっとした創意工夫が、私たちの想像力を豊かにしてくれます。

[PR]
トラックバックURL : http://cliche7.exblog.jp/tb/23548460
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by lotusflower7 | 2016-10-12 22:06 | フォトのせかい | Trackback | Comments(0)

花のまなざしから、こころに響くアートのセカイ、描きます 


by HANA