カテゴリ:キレイのせかい( 4 )

新しき年のフリージア


d0341616_14313987.jpg

新しき年のフリージア

すっかり冬の日和になりましたが、お元気でお過ごしでしょうか?
師走にひとつだったフリージアが、新年にみっつ開きました。
一片ずつ花咲くのは、未来に希望が見えて、良いですね。
加藤亜希子さんの、しゃれた陶器の花活けに活けてみました。
オランダの器に、粉茶を淹れました。
渋みすくなく芳醇な
まろやかな風味でした。


フォトエッセイ 蓮華
[PR]
by lotusflower7 | 2016-01-09 16:53 | キレイのせかい | Trackback | Comments(0)

明日を信じて人は生きる



ひたすら空をめざす美しき薔薇を眺める時、気づくことがある。

人生の旅を半ば過ぎる頃になっても

ひとは

明日という日が必ず来るときっと信じて








今日一日を生きるのだ、ということを…

[PR]
by lotusflower7 | 2014-09-29 11:20 | キレイのせかい | Trackback | Comments(0)

ちょっと奇妙に華やぐ時

d0341616_21022516.jpg

あたらしき春を迎える頃、切り花のアリストロメリアが、家へ来てから、はや一月が過ぎた。
やや萎れかけていた花も、茎を思い切って切ったら、命華やぐ時が、また訪れた。
或い歳月が過ぎゆき若き時代の装いを、シンプルにして見たら…超スリムな少女体型は未だ変わらず…色香を覗かせる。
アリストロメリアの茎の細さに、ちょっと奇妙にな華やぐ時を、迎えていた。
これから、また新しき蕾が花咲く時があるかも知れない。
花言葉は、未来への憧れだから…









[PR]
by lotusflower7 | 2014-09-22 17:45 | キレイのせかい | Trackback | Comments(0)

ブルーライトヨコハマ


2011年12月1日は雨の日、京急のコバルトブルートレインがゆらり疾走する。
すっかりキレイになった電車の紫の座席は舶来の、赤い糸と青い糸をタテヨコに編んでいる。
ヨーロッパの空気の通う昼下り、ハイカラな50〜60位のうつくしい痩せすぎの女性がいた。
シルバーブラウンのヘアーに、あさぎ色の薄いグレーのジャケット、シックな黒のロングパンツ、黒のちいさな靴、ペールビンクのハンドバッグにちいさなシルバーの金具、ペールビンクの携帯の電波が空気を伝わる。
しゃれた空気感の超スリムな女性の色彩の不安定な配色はとっても個性的だった。
彼女のいる車内からいしだあゆみのブルーライトヨコハマを想い出す。
時は移り、都市も装いを新たにする。ブルーライトヨコハマのメロディーは、時代を超えて響き合う。


[PR]
by lotusflower7 | 2014-09-22 17:10 | キレイのせかい | Trackback | Comments(0)

花のまなざしから、こころに響くアートのセカイ、描きます 


by HANA