幸せの黄色い傘

関東も梅雨明け近き頃を迎えましたが、お元気でお過ごしですか。

利根川のダムの水位も、なかなか上がらず、首都圏も水不足だったことと思います。暑いはずの夏涼しいのは、私たち人間にとっては、肌にも心地よく、過ごしやすい。しかし、植物にとっては、なかなか大変、米の不作も心配されます。物事、万事に良いというわけにはゆきません。
今日は、植物にとって恵みの雨となると良いですね。

ところで、今日も挿した黄色の傘は、私にとって幸せの傘です。

交通標識の色、赤は止まれ、青は進め、黄色は注意
都市空間の中で、黄色は視覚的に最も目立つ色だから、今も昔も変わらず、雨の日の子どもたちの通学風景の定番になっている。それは、或る意味、黄色が危険ではなく、安全を象徴する色だからでしょう。
バス停に届けてあった黄色い傘

それは、2016年1月12日(火)の出来事だった。夕方、秦野のと或る中古CD店、マウンテンレコードで、井上陽水の『ハンサムボーイ』を見つけた、まさにその日だった。

少年時代

夏が過ぎ 風あざみ
誰のあこがれにさまよう
青空に残された 私の心は夏模様

のちょっと風変わりな言葉の生み出す、独特の音色に惹かれるのは、私だけでしょうか?

その帰り道、いささか不慣れになった自転車の荷台から、私の黄色い折り畳み傘は消えていた。

小田急OXで求めた、\500のシンプルなデザインの平面薄型の特許の傘だった。

まさに、井上陽水の「傘がない」を地でゆく出来事だった。

そして、思いがけないことに、消えてしまった傘は、
1月14日(木)、秦野の或るバス停のフェンスに、無事に掛けられていたのだった。


[PR]
# by lotusflower7 | 2016-10-12 22:40 | Trackback | Comments(0)

海水浴の思い出

私にとって海水浴の思い出は、かなりの恐怖感を伴うものだった。
子どもの頃、とある海水浴場に、当時は親しかったなじみの家族と一緒だった。泳ぎが得意ではない私は、沖へゆくのを躊躇していた。が、誘われて、足の立たない深さまでやってきた。
私は、不安にかられ、そこに流れ着いた丸太にしっかりと捉まった。これでしばらく安心と信じて、しかし、その途端、丸太がくるくる回転し始めたのだ。海の藻屑に投げ出された、
私は、死をしばし思った。やがて、気がついてみると、波打ち際に助け上げられていた。
ちょっとした幼き日のエピソードながら、それは、やがて来る人生の不安を凝縮させた出来事だった。

[PR]
# by lotusflower7 | 2016-10-12 22:21 | Trackback | Comments(0)

学窓の紫陽花

紫陽花の美しき季節を、しばし過ぎゆきましたが、お元気でお過ごしですか?
私が丹沢の麓で過ごした高校の学窓近き所に、また過ごす場所となり、紫陽花を見つけました。

梅雨のさなか美しき花の色香を魅せるのは、ふつうのかたちの紫陽花よりも、ガクアジサイの風姿ですね。
そんな思いを抱くのは、果たして私だけでしょうか?ガクアジサイの咲く空間の配花と隙間の配置の仕方は、どこかロールシャッハテストに似ています。
花も人間心理を映し出すのでしょうか?


[PR]
# by lotusflower7 | 2016-10-12 22:19 | Trackback | Comments(0)
暑き夏の日和にもってこいなのは、なんと言っても緑茶、中でも飛び切りは粉茶だ。
お茶の葉をふるいに掛けて、一番後に残るのが粉茶、その分、ミネラルたっぷりだ。煎茶や茎茶だと、一番茶しか美味しくないけれど、粉茶なら、あつあつまでゆかなくても、まろやかな渋みの味わいよく、何度でも出せるのが、持ち味だ。エコ感覚あふれている。
しかも、水出しできる特色もあり、夏場は水から小一時間も急須に入れておけば、すっかり、炎天下の外出にもってこいの冷たい緑茶の出来上がりである。

アフタヌーンティータイムには、洋風の紅茶とケーキがとてもよく似合う

そんなイメージが一般的かも知れない

しかし、お茶の葉を笊でふるい分け、底に残った和風の粉茶と、
ケーキを作った余りの、切り落としチョコケーキ
の絶妙な組み合わせは、

庶民的ながらハイカラな風合いを醸し出す。

丹沢の麓の老舗のお茶屋の上粉茶と
湘南パティスリー(フランス菓子店)の
新しき出会いの時であった。</font>
</font>

<font size="4">麦茶は、やかんに沸騰したお湯で五、六分、沸かすのが良いが、沸かしすぎても、入れて置き過ぎても、苦くなってしまう。夏場は、やはり緑茶に軍配が上がる、
かに見えて、麦茶をやかんで沸かさず、急須に入れてみたら、半時ほどで、まろやかな麦茶に仕上がっていた。麦茶独特の香ばしい苦味に欠けるが、夏には飲みやすいかもしれない。

2016.2.6

[PR]
# by lotusflower7 | 2016-10-12 22:16 | Trackback | Comments(0)
知人から良い半熟卵のゆで方を教わった。
うどんなどゆでるとき、卵も一緒に放り込むのだ。ゆで時間は、7~8分、卵はちょうど良い半熟に仕上がっている。まさに一石二鳥、何といっても、麺類には、半熟卵が合うからだ。
ゆで時間が、10分過ぎると卵は、固まってくる。
普通に、水から沸かしては、固ゆで卵になってします。

しかし、固ゆで卵なら、冬の冷えた体をほくほく温める、おでんにぴったりだろう。

それぞれ、持ち味が違うのだ。

[PR]
# by lotusflower7 | 2016-10-12 22:13 | Trackback | Comments(0)

花のまなざしから、こころに響くアートのセカイ、描きます 


by HANA