まちかどの小さな庭

冬物語の季節を迎えましたが、お元気でお過ごしでしょうか?
日本の都市を歩いていると、小さな庭を美しく造作していることに気づきます。

人びとはこころの絆を大切にしているからです。

先の大戦中、花を愛でることは軍によって禁じられていました。
花は食べれないから贅沢との理由です。
人びとは和やかな心を喪ってゆきました。

街角の小さな幸せ

自分の周りの小さな庭を大切にする心は、やがて大きな世界の平和を作ってゆきます♪


もし、砲弾が降り注ぐ戦火の中であれば、自分の身の周りの小さな世界を美しく造作することはできません。

社会の混乱、世相の乱れはいつの時代にもあります。

私たちは不幸な時代に生きている。

かのように錯覚します。

しかし、戦争がないということは平和なのです。
人びとの和する努力が平和な世界を作ってゆきます。

今日も命が守られているこの国は、決して当たり前ではないのです。

聖徳太子の十七条憲法の「和するを以て尊しとなす」

ユネスコ憲章の宣言

「戦争は心の中ではじまるのだから、平和の砦は心の中に作られねばならぬ」

洋の東西を超えて響き合います





[PR]
# by lotusflower7 | 2012-01-27 21:43 | シティのせかい | Trackback | Comments(0)

しあわせのまちかど

想像を超えた日射しの季節、お元気でお過ごしでしょうか?
そよ吹く風に揺れる猫じゃらし、かすかな秋の気配、伝えてます♪

猫のほんわか暮らせる場所は、しあわせのまちかどです。
この度、猫とも新聞8月号に写真作家として紹介されました。
私の手元に7〜8部ありますので、もし興味がありましたらお送りします。
その時はメッセージ下さいませ。

[PR]
# by lotusflower7 | 2011-08-19 17:43 | シティのせかい | Trackback | Comments(0)
暑中お見舞い申し上げます。日射しの強い日和、皆さま、お元気でお過ごしでしすか?
この度、月刊 猫とも新聞の8月号に、紹介されました。
街角のちょっとしたスペースで見れると思います。猫たちとのひととき、共有してみて下さい。

猫アーティスト図鑑 写真作家 柏瀬八峰

Hadano Baroque

戦災に遭っていない丹沢の麓の町は、都市と自然の二つの焦点のまわりを巡ってゆく。

都市に壁があるから、人と人の出逢いが生まれ、壁に花を活けることができます。

ゆけそうでゆけない行き止まりの路地も猫のいる舞台装置に変貌します。

人間の暮らす都市はさまざまな壁が視線をさえぎっています。
戦災に遭っていない秦野の街の路地を散策していると、グルッと回ると同じ場所に戻ってくる、不思議なバロック的空間が現れます。
時の移ろいの中で自然と人工の独特な間合いを示す空間。そして、そこに猫がいれば、まちに暮らす人と人のこころが繋がります。
車の通り抜けない狭い道は猫たちの格好の遊び場です。行けそうで行けない行き止まりの路地も、猫の登場する舞台装置に変貌します。
猫の目線に立ってみると世界の見え方が変わります。また、この世界は人間のためだけにあるのではないと気づかされます。猫たちは人と付かず離れずの微妙な距離感の中で生息しているのです。

今度の震災で人々が知ったのは、小さな命の大切さではないだろうか?
伝えよう、どんな時代にも希望があるということを!

[PR]
# by lotusflower7 | 2011-08-10 16:22 | フォトのせかい | Trackback | Comments(4)

Hadano Baroque

秦野バロック展に寄せて

人間の暮らす都市はさまざまな壁が視線をさえぎっています。

戦災に遭っていない丹沢の麓の町は、都市と自然の二つの焦点のまわりを巡ってゆく。

秦野の路地を散策していると、グルッと回ると同じ場所に戻ってくる、不思議なバロック的空間が現れます。

時のうつろいの中で自然と人工の独特な間合いを示す空間。

都市に壁があるから、人と人の出逢いが生まれ、壁に花を活けることができます。

そして、そこに猫がいれば、まちに暮らす人と人のこころが繋がります。

車の通り抜けない狭い道は猫たちの格好の遊び場です。行けそうでいけない行き止まりの路地も、猫の登場する舞台装置に変貌します。

猫の目線に立ってみると世界の見え方が変わります。また、この世界は人間のためだけにあるのではないと気づかされます。猫たちは人と付かず離れずの微妙な距離感の中で生息しているのです。

今度の震災で人々が知ったのは、小さな命の大切さではないだろうか?

伝えよう、どんな時代にも希望があるということを!

2011年5月28日 HANA



[PR]
# by lotusflower7 | 2011-05-27 12:22 | シティのせかい | Trackback | Comments(2)
私たちの暮らしている世界は、色々なまなざしによって作られて行きますね。

ゆきとどいた集合住宅でふと思うのは

子どもの遊び場から小学校、生協、郵便局、美容院、病院など

人生を彩るすべてのものがそろっていることです。

猿や蟹を描いたユーモア感のある壁面の下には、人と猫の共生する空間があります。

冬の日の街角にこころの花束見つけたよ♪




[PR]
# by lotusflower7 | 2011-03-01 18:06 | シティのせかい | Trackback | Comments(2)

花のまなざしから、こころに響くアートのセカイ、描きます 


by HANA