タグ:丹沢の麓 ( 9 ) タグの人気記事

いよいよ寒さひとしおの晩秋ですが、お元気でお過ごしですか?
私は、昨年11月の肺がん手術から、無事に生還してから、一年が過ぎて、おかげさまでCT検査も順調でした。

d0341616_16312106.jpg

丹沢の麓の病院から望む紅葉はひときわ美しかったです。これから手術に臨む昨年11月末と、順調な回復の今年の11月末と、世界の見え方が変わりました。

d0341616_20120051.jpg

なぜか記憶に刻まれる塔のイメージも呼び覚ます場所でした❗
d0341616_19583049.jpg

帰り道に不意に現れた鹿もいて、里山の風景が残ってます。

d0341616_16340682.jpg


More
[PR]
by lotusflower7 | 2017-11-25 16:25 | フォトのせかい | Trackback | Comments(0)
秦野を貫いて流れる水無川の全景が見渡せる
チェーホフさながら、犬を連れた奥さんのちょっと優雅な散歩道となっている。
d0341616_17165194.jpg
富士見大橋から、丹沢山系を眺める
小田急線の秦野駅北口からカルチャーパークを結ぶ幹線道路が、国道246号線と立体交差する、まさに交通の要衝にある。
d0341616_16060226.jpg
丹沢の麓の湧き水流れゆく街角に、ミニチュアの水空間があって、さながら小さな秋を封印したかのような、枯れ葉散るスポットを見つけた🎵
d0341616_16242766.jpg

色とりどりの秋!お気に入りの紅葉ショット!with ことりっぷ#紅葉と実り



More
[PR]
by lotusflower7 | 2017-11-02 17:40 | シティのせかい | Trackback | Comments(2)
秋雨降る丹沢の麓、塵多き路上も静かに洗い清められ、都市空間もちょっとエキサイトな情景を描き出す🎵
d0341616_08283567.jpg


More
[PR]
by lotusflower7 | 2017-10-28 08:24 | シティのせかい | Trackback | Comments(0)

ワイン日和


d0341616_12490953.jpg

こんにちは、ひときわ寒き丹沢の麓

雪の日和に赤ワイン冴え冴え美しいです♪

夜の静寂に、しょうが湯に、赤ワインを入れると、ほんわか温まり、寝やすいですよ!?



2014.2.8


[PR]
by lotusflower7 | 2014-12-26 12:40 | Trackback | Comments(0)

こしあんヨーグルト


d0341616_20550257.jpg

氷張る池の水に、渡り鳥も足場に戸惑う、冬の日和

ふんわりこしあんを載せたブルガリアヨーグルトが、風味絶景だった。

レモングラスのアイスクリームのように、寒き雪の空に溶けてゆくかのようだった。



想定外の大雪に見舞われた丹沢の麓です。



2014.2.17


[PR]
by lotusflower7 | 2014-09-25 11:26 | アクアのせかい | Trackback | Comments(0)

人生は薄氷を踏むように


d0341616_20591129.jpg


私たちの暮らすこの世界で、人間として生を受けてから、次の世に旅立つまでの50〜100年は

火宅無常の世界

隣の家の火事が、わが家の庇に、燃え移ったように

いつ何が起こるかわからない

不安の絶えることのない世界に生きています。



そんな中にあってひとは

今日あって明日なき幸せを求めています。

想定外の吹雪に見舞われた丹沢の麓で


池に張る氷の裂け目から、眺める風景でした。


2014.2.17





[PR]
by lotusflower7 | 2014-09-25 11:12 | シティのせかい | Trackback | Comments(4)

風のオブジェ

今晩わ、秦野から平塚へ行く朝、街道沿いに望む富士山は広重を想わせる風光です。
平塚から秦野へ帰る冬の夜空を眺めると、オリオン座が冴え冴え美しき世界です。

2014.1.26


丹沢の麓の湧き水の綺麗なまちに、ちょっと風変わりなオブジェを発見しました。

風は眼に見えないから

私たちは普段の生活の中で、それと意識することは意外に少ない。

頬に伝わる微風の優しい感触とか
風で屋根が飛ばされる竜巻の恐怖とか



アートの力は、眼に見えないものを、クッキリ眼に見えるカタチで表すことではないだろうか?
それは、何気なく無意識に感じていることを、意識化することと言って良い。
風のオブジェが、スーッと回転してゆく時、私たちは未来のまちの自然エネルギーを予感させます。

[PR]
by lotusflower7 | 2014-01-29 23:45 | アートのせかい | Trackback | Comments(0)

夏の宵に咲く紫陽花


私の暮らしているまち

秦野も紫陽花の美しい季節を迎えました。

丹沢の麓の地形を生かした天然の湧き水で知られるまちです。

昼間はちょっと汗ばむ夏の陽気ですが、夕刻になると、涼風が吹いてきます♪

夏の宵に咲く紫陽花は、昼日中とはちょっと異なる風情を見せてくれます!

[PR]
by lotusflower7 | 2012-06-29 19:49 | シティのせかい | Trackback | Comments(0)

Hadano Baroque

秦野バロック展に寄せて

人間の暮らす都市はさまざまな壁が視線をさえぎっています。

戦災に遭っていない丹沢の麓の町は、都市と自然の二つの焦点のまわりを巡ってゆく。

秦野の路地を散策していると、グルッと回ると同じ場所に戻ってくる、不思議なバロック的空間が現れます。

時のうつろいの中で自然と人工の独特な間合いを示す空間。

都市に壁があるから、人と人の出逢いが生まれ、壁に花を活けることができます。

そして、そこに猫がいれば、まちに暮らす人と人のこころが繋がります。

車の通り抜けない狭い道は猫たちの格好の遊び場です。行けそうでいけない行き止まりの路地も、猫の登場する舞台装置に変貌します。

猫の目線に立ってみると世界の見え方が変わります。また、この世界は人間のためだけにあるのではないと気づかされます。猫たちは人と付かず離れずの微妙な距離感の中で生息しているのです。

今度の震災で人々が知ったのは、小さな命の大切さではないだろうか?

伝えよう、どんな時代にも希望があるということを!

2011年5月28日 HANA



[PR]
by lotusflower7 | 2011-05-27 12:22 | シティのせかい | Trackback | Comments(2)

花のまなざしから、こころに響くアートのセカイ、描きます 


by HANA