和の菊、洋の薔薇


弥生初めの頃、表日本は
春の陽気、裏日本は未だ雪国です。
和の装いの菊と、洋の華やぎの薔薇を、お仏花に活けました。
菊は蕾から新しき命長く咲き続け、ゴールドの薔薇ははや萎れゆく日々、
なぜだろうか?

[PR]
トラックバックURL : https://cliche7.exblog.jp/tb/22230318
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by lotusflower7 | 2013-03-08 21:48 | シティのせかい | Trackback | Comments(0)

花のまなざしから、こころに響くアートのセカイ、描きます 


by HANA