縄文猫

縄文猫


ひとはむかしねこだったことがある


縄文猫は1997年5月の或る曇りの日、名古屋で撮影しました。...
戦後復興した新しい都市の中ほどに、歴史を刻む名古屋城があります。
なぜか白と黒の斑猫の多い場所ですよ。
街角で猫に出逢う時、なぜかとても懐かしい想いがします。
ひとは遥か遠い昔、猫だったことがあるかも…
人も猫も、鳥も蝶も、この美しい地球という星に生まれ、同じ生命のネットワークを共有して
ます!


都市を探検する漂流者は、地質学者が化石を掘り出すように、地層の中に埋め込まれた風景のかけらを発見する。
過去はつねにウェットなたたずまいを見せ、遠く太古からの時間を奏でている。
さまざまな時代相が重ね合わされた都市はまさに時間の博物館なのだ。
そこでは鉱物の夢がひそやかに紡がれてゆく。





[PR]
トラックバックURL : https://cliche7.exblog.jp/tb/22230408
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by lotusflower7 | 2014-03-10 18:03 | シティのせかい | Trackback | Comments(0)

花のまなざしから、こころに響くアートのセカイ、描きます 


by HANA