朧月夜

湘南も今宵は朧月夜

中島美嘉の歌と葉加瀬太郎のバイオリンで聴いてます。
明治の歌曲が時を超えて、新たに甦る日本の調べは心に響きます♪

菜の花畠に 入日薄れ
見わたす山の端
霞ふかし。
春風そよふく 空を見れば、
夕月かかりて におい淡し。

里わの火影も、森の色も、田中の小路を たどる人も、
蛙のなくねも、かねの音も、
さながら霞める 朧月夜。

湘南の街道の菜の花畠から、富士山を望みつつ…


2014.4.16


月影さやかな今宵、湘南の夜空は、白き雲がかなりハッキリ見える。
それは、満月の光強き?
街の灯り強き?
から、どちらでしょう?


春の満月の夜、脳裏をよぎるのは、 三日月の 頃より待ちし 今宵かな
芭蕉

2014.4.14


[PR]
トラックバックURL : https://cliche7.exblog.jp/tb/22230423
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by lotusflower7 | 2014-04-16 23:13 | アートのせかい | Trackback | Comments(0)

花のまなざしから、こころに響くアートのセカイ、描きます 


by HANA