ユーモレスク

d0341616_23045233.jpg


2012年8月、湘南 茅ヶ崎の街角のちょっと奇妙なエピソードでした。
炎天下の昼下り、吹き抜ける風にかすかな秋の兆しを伝えています。
アロハシャツの似合う都市空間、なんとなくユーモア感のある光景を見つけました。


オードリー・ヘップバーンの「ティファニーで朝食を」をリアルタイムで見てきたよな、びっくりするほど細身の女性も、街角を冴え冴え彩ります。
夏の名残りを惜しむかのような、涼やかなニッポンの街角のヒトコマです。


何気ない街角のワンシーンに、ふとユーモア感がただようとき、からからのひとのこころに、うるおいがゆきわたるだろう。


月日は巡り


今回、茅ヶ崎のSZK GALLERYの「茅の美展」に、わたしも写真作品を出展することになりました。


湘南の街角を散策しつつ、ぜひお立ち寄り下さいませ。もし、案内はがき希望されるひとは、メッセージ下さいませ。


4月14日〜4月26日 4月20日 休み

昼11:30 〜 夕 18:00

SZK Gallery

〒253-0043 神奈川県 茅ヶ崎市元町4−32









[PR]
トラックバックURL : https://cliche7.exblog.jp/tb/22230542
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by lotusflower7 | 2015-04-06 20:28 | シティのせかい | Trackback | Comments(0)

花のまなざしから、こころに響くアートのセカイ、描きます 


by HANA