街道をゆく


d0341616_20271118.jpg
九月の始まりの日の、秦野から二宮への、旧街道はちょっと古風な、質実剛健なトンネルが、印象に刻まれる。京都風の地名・河原町から、かつて二宮の落花生工場へ軽便鉄道が通っていた面影も残っていた。

d0341616_20283236.jpg
秦野・日赤から丹沢を望む風景の中で、昭和という時代を作ってきた世代が連れ立って、弘法山へ昇る姿が、今日もまた秋の風物詩となる。今の時代の高校の文化祭でも、変わらずフィナーレに、蛍の光が流れていた。

[PR]
トラックバックURL : https://cliche7.exblog.jp/tb/23464379
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by lotusflower7 | 2016-09-03 20:36 | シティのせかい | Trackback | Comments(0)

花のまなざしから、こころに響くアートのセカイ、描きます 


by HANA