回顧から再生へ

写真展「回顧から再生へ」 丹沢美術館にて

HANA


私が、この美しい地球という星に生を受けたのは、10月はたそがれの国、名古屋の大学町だった。

落ち着いた町の、自由な雰囲気の静かな環境で、ナチュラルな都市空間をテーマに写真を撮り始めた。父は美術史家だった。

比叡山の千日回峰の行者さんから聞いた「一隅を照らす」という言葉が、何となく心に響いた。その頃の私は、「いま」「ここ」ではない「どこでもないどこか」に居場所を見つけようとしていた。

そして、2000年を過ぎる頃、遠く北の果てで、写真作品作りをしていて、種差海岸の造形に出会った。それは地球的規模の造山運動の縮図、ミニチュアの世界風景だった。その頃の、私は「どこか」遠くの、未来に幸せを探していた。

そして、2009年、秦野に帰ってきた私は、丹沢美術館に人生の居場所を見出した。千佳・花・沙羅の三姉妹の猫も家にいた

しかし、2016年の暮れ、突然の肺がん手術で入院した。良き外科医に恵まれ、生還した私は、人生の原点を実感を通して知らされた。

それは、比叡山の「一隅を照らす」という言葉であり、子どもの頃読んだ、中村元先生の「ブッダの言葉」の一節だった。西巻一彦さんの「紡ぐ」から新たに見出した。

過去を追わざれ 未来を願わざれ

過去はすでに捨られ 未来は未だ至らず。

……

今日なすべき事のみを熱心になせ

誰か明日の死を知らん……

私は、ガンから生還して、秦野で、「いま」「ここ」に幸せが届いていることに気づくことができた。


ナチュラルライフアート写真

ブッダのことば―スッタニパータ (岩波文庫)

中村 元(翻訳)/岩波書店

undefined






[PR]
トラックバックURL : https://cliche7.exblog.jp/tb/26144886
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kyoko_mn at 2017-11-15 21:12
お元気になられて何よりです♪
Commented by lotusflower7 at 2017-11-15 21:21
kyokoさん、コメントありがとう❗
おかげさまで、今はかなり良くなりました。
私にとって世界の見え方が大きく変わる出来事でした🎵
by lotusflower7 | 2017-11-15 16:55 | アートのせかい | Trackback | Comments(2)

花のまなざしから、こころに響くアートのセカイ、描きます 


by HANA