グラスガーデン/硝子庭園

わたしたちは、氷砂糖をほしいくらいもたないでも、きれいにすきとほった風をたべ、桃色のうつくしい朝の日光をのむことができます。
宮沢賢治『注文の多い料理店(序)』

d0341616_15310554.jpg

[PR]
トラックバックURL : https://cliche7.exblog.jp/tb/27113982
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by lotusflower7 | 2018-09-18 15:28 | エセーのせかい | Trackback | Comments(0)

花のまなざしから、こころに響くアートのセカイ、描きます 


by HANA