アートって何だ!?

d0341616_13113880.jpg
d0341616_13130761.jpg
私は、8月28日~9月2日の丹沢美術館での「魚眼都市」展から、10月1日~7日は、ギャラリーぜんの企画展「アートって何だ!?」に、同じ作品を上下逆に、少しトリミングして出展しました。

写真とアートのあわいに領域を超えて平面の世界は広がる。
20世紀も終わる頃、私は名古屋の街角に無意識に作られた現代アートを発見していた。時代は藤森照信の路上観察や、赤瀬川源平のトマソン探しの余韻の残る頃、知る人ぞ知るギャラリーでは奈良美智の奇妙な子どもの絵の面白さが見出されていた。
私の写真世界は、主にニコンF3で、光と影のあわいに、色のハーモニーの中に、この世界とはちょっとだけ違う、もう一つの現実だった。
そして、21世紀も10年が過ぎる頃、再び秦野に来た私は、水の世界に上下左右(タテヨコ)のない世界を発見した。それは、真の自由と平等を呼び覚ました。
今、魚眼都市へ
魚の眼で見た水空間に出会い、写真から絵(抽象画)のへと、平面の世界は新たな次元へと飛躍した。
それは、まさに、この世界が存在することへの驚きと、今、ここに生きていることの不思議さを発見したのだった。


[PR]
トラックバックURL : https://cliche7.exblog.jp/tb/27171419
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by lotusflower7 | 2018-10-18 16:34 | アートのせかい | Trackback | Comments(0)

花のまなざしから、こころに響くアートのセカイ、描きます 


by HANA