人気ブログランキング |

タグ:都市空間 ( 6 ) タグの人気記事

21世紀の首都・東京は、20世紀の雑踏・人いきれが、すっかり洗い清められ、都市空間は「賑やかな静けさ」という新しい次元に到達したようだ。それは、「静かな劇場」とも表現できる。
恵比寿駅から、「動く歩道」に乗って、恵比寿ガーデンプレイスへ行き着くと、そこ四角形の開かれた空間に整然と四角の椅子と机が置かれ、整然とスーツ姿の人が点在し、パソコンに向かっていた。
それは、さながらカフカの描く法廷の一場面を思わせる、ちょっと奇妙な静けさに満ちていた。ひとりひとりが適度な距離で、椅子に座り、あるいは作業し、あるいは休憩し、互いに一言も話さず、同じ室内空間を共有する姿は、やはり法廷の裁判官と陪審員を想わせる場面だった。
動く歩道も、20世紀半ばにに描かれた未来都市のイメージたったが、こうして恵比寿駅に実現して見ると、すごく便利になったわけではなさそう⁉️
よければコメント下さいませ。
d0341616_16224644.jpg
d0341616_16250694.jpg
d0341616_09581902.jpg

by lotusflower7 | 2019-04-20 16:09 | シティのせかい | Trackback | Comments(0)
ナチュラルライフアート写真

10月のニッポンを、歓迎されないお客さん=台風が到来し、☔がいよいよ強くなってきました🌂

10月30日(月)、台風一過の秋晴れの宵近き頃、丹沢の麓も木枯らし1号が吹き荒れました。皆さんのお住まいの処は如何でしょうか?

☔の宵、水の描く光のラインは、都市空間のイリュージョンを呼び覚まします。

朝のニュースで、スペインのカタルーニャ独立宣言が、地球を廻ってゆきました。スペイン内戦の舞台になり、ピカソの「ゲルニカ」で知られるスペインの都市です。

朝の英語ニュース番組では、ISがいなくなっても戦争は終わらない、ことがテーマとなってました。
それは、オスマン帝国の領土を、欧米列強が分け合って、勝手に国境線を引いてしまった、ことが大きく影を落としている、とのこと。

スペインのカタルーニャ独立も、中東のクルド紛争も、このグローバルな地球上に人間が、勝手に線=ラインを引いてゆく〈欲望=desire〉に深く根ざすのではないだろうか?

トルストイの『イワンのばか』の、ロシアの農民たちの寓話「人にはどれほどの土地がいるか」の、現代世界に照射する洞察は広く深い❗

d0341616_16513122.jpg


More
by lotusflower7 | 2017-10-29 16:57 | シティのせかい | Trackback | Comments(0)
秋雨降る丹沢の麓、塵多き路上も静かに洗い清められ、都市空間もちょっとエキサイトな情景を描き出す🎵
d0341616_08283567.jpg


More
by lotusflower7 | 2017-10-28 08:24 | シティのせかい | Trackback | Comments(0)

窓硝子の都市


d0341616_23033203.jpg

Window City

都市空間の中でも、窓は、そこに暮らすひとの、眼差しが、とりわけクリアーに現れている。
なぜなら、目は心の窓と言われるように、窓は、そこに暮らす人の、心模様を造形的に反映するからなのだ。
しかし、無意識の中で表現された、都市のテクスチャーの方が、意識的にデザインされた造作より、美しいのは、なぜだろうか?

季節はめぐり、秋の風吹く季節、体調など大丈夫でしょうか。

窓硝子の都市
のシリーズ

今度、秦野・日赤近くの、ギャラリーぜんで、私も、とても個性的な画家と二人展「私のそら」を、十一月三日から十一月八日まで開くことになりました。


アート写真


by lotusflower7 | 2016-10-13 22:36 | シティのせかい | Trackback | Comments(0)

フォトエッセイ

d0341616_11065651.jpg

写真はひとのこころを映し出す鏡です。作品を通してセカイとの幸せなコミュニケーションの回路を作ってゆく。

街角で出逢ったこころに響く風景

レンズの向こうに生まれる不思議な時空は

都市空間の中で もう一つの現実に変わり

希望のメッセージを伝えてゆけるだろうか


クリシェ―まだ見ぬ都市へ― 遥かな過去から未来の彼方へと時のらせんがよぎってゆく。まばたきするまもないひととき、都市は切り絵のようにクッキリとその形姿をあらわす


アート写真






more
by lotusflower7 | 2016-07-18 21:14 | フォトのせかい | Trackback | Comments(0)
こんにちは、目黒条さんの疾走する感覚、今という時代のコアに触れる射程に驚きます。
目黒条さんのブログ

地味と派手

からの発想です。

都市空間の未知の面白さ発見です!

おしゃれからとおいかもね

きれいなまちっていいよね


みらいにむかってゆこうね

そこに暮らすひとたちの地味な時間から、まちの美しさは作られてゆきます。
お祭りさわぎの派手なひとときの過ぎ去った後には、塵芥だけが散らばっています。
お洒落と地味って、紙の表と裏のようなもの、かも知れません。

by lotusflower7 | 2013-03-14 13:11 | エセーのせかい | Trackback | Comments(2)

花のまなざしから、こころに響くアートのセカイ、描きます 


by HANA